システムコンサルティング・Webシステム開発

日本IBMでも採用された、 自社開発のフレームワークで 生産性、品質を向上。
Javaを使った、オブジェクト指向のWebシステム開発に特化しています

日本IBMでも採用された、
自社開発のフレームワークで
生産性、品質を向上

フレームワークとはシステム開発の土台として利用される共通部品のことで、生産性、品質を決定づける重要な要素です。 フレームワークを構築するには高度なオブジェクト指向の概念とプロジェクト実務経験、さらには実際に開発者が使う立場になった目線で行う必要があります。代表の鴻田は日本アイ・ビー・エムの開発者が200人を超える大規模プロジェクトで使われるフレームワークを一人で開発、多数のプロジェクトを成功に導きました。STSD株式会社でもそのフレームワークを開発基盤として品質が高いシステムを高い生産性で開発をしています。

得意なのは
技術だけではありません

開発会社として技術が高いのは当然。プラスアルファの強みがあります。「Javaのオブジェクト指向を駆使した開発に特化しています」と聞くと、業務に興味がないのでは?難しいことを言ったり話づらかったりするのでは?と思われるかも知れませんが、高い技術を持っているのはシステム開発会社として最低限のことだと考えています。STSD株式会社にはプログラム開発の技術以外にもっともっと得意分野があります。

「良いシステム開発のプロセス」をこう考えています

これまで大規模プロジェクトから社内ツールまで、多くのシステム開発に携わってきました。多くの人が関わり、すべてのプロジェクトが大成功というわけでもありません。成功したプロジェクトからはもちろん、成功とはいえないプロジェクトでも数多くの経験を得ることが出来ました。それらの経験をもとに、ある一定期間形成される「システム開発プロジェクトという組織」をゴールに導くため、STSD株式会社ではシステム開発の進め方を次のように考えています。

無駄な資料は作らない

システム開発において、各局面、その工程の成果物として作るべき内容は決まっており、それらは資料の雛形として標準化されています。作業実施中は、決めなくてはならない事項、決まった事項、決まっていない事項としてTODO管理し、総量を把握しながら進め、後で見ることが無い、というような無駄な資料を作らないようにしています。

開発の標準化を徹底して属人性を減らす

担当者による属人性を取り除くよう、開発方式も雛形化しています。プログラムは複雑、巨大化していき、各担当者が自由に開発を行うと、無駄が多く、保守性が非常に低いものになってしまいます。過去数多くの実績がある自社開発フレームワークを使って開発することで、誰が作ってもルールに沿った可読性が高く、保守しやすいシステムが開発できます。

品質のよいものを楽をして作ることを考える

同じフレームワークを繰り返し使い続けることで、開発するシステムごとに固有のように見えた処理でも共通化できることがわかってきます。それらを再利用することで、品質の高いシステムを楽に作ることができるようになります。新しいシステムの開発は新しい共通部分を作る絶好の機会ともいえるので、作って終わり、ではなく常に後々に生かせるようなプログラム設計をしています。

最新の技術は自分たちで見極めてから使う

最新の技術が最高のものとは限りません。目新しさだけで話題になりベンダー側が使ってみたいという理由で提案されるものの、実際の現場では、十分な性能が出せない、難解すぎて扱えない、導入効果がまったく出ない、など多くの問題を引き起こす可能性があります。最新の技術を提案、導入するときは自分たちで実際に使ってみて十分見極めてから採用するようにしています。

出来ないことを出来ると言わない

実現不可能といえる短期スケジュールや、技術的に確信がもてないことは出来るとはいいません。これはお客さま側も無理のある受け入れテストのスケジュールなどは立てていただかないようにしています。出来ないことを出来ると約束しても困るのはお客さまだからです。

相手のわかる言葉で話す

エンジニアは特に難解な用語や複雑な説明をしがちです。打ち合わせやメールのやりとりで、お互いに良く理解しないままわかったつもりになり、あとになってこんなはずじゃなかった、ということが無いよう技術用語は控え一般的な日本語で話しをするよう努力しています。こうすることで、お客さまの身になりものを考えられるからです。

想像力を働かせる

システム開発をしていると、簡単な画面でも実際に動かしてみるとデータの量などにより、想像していなかった使い勝手になることがあります。設計時は、項目を並べるだけで完成したように思いがちですが、「このボタンを押したときにどういう出方をするのかな?それは本当に使い易いのかな?」ということを想像力を働かせて考えることが大切です。

一緒に悩む

システム設計において、正解は一つではありません。「こういう機能が欲しい」と言われるがままに作っていては良いものは作れません。どういう業務のためにその機能が必要なのか、その機能はその業務に合っているのか、一緒になって悩むことが良いシステムを作ること、業務、目的を理解してシステム設計をする開発者の醍醐味であり、成長する大きな機会になると考えています。

システム開発を楽しむ

どのような仕事でもそうですが、自分から積極的に参加せず受動的にしていると仕事をしていても面白くないものですし、十分な成果が出せないと思います。お客さまと一緒に悩んで考えることで、システム化の目的も理解ができ、システム設計を楽しみながら進めることを心がけています。楽しむことは必ず良い結果を出すと考えています。

通常の開発の流れ

STSD株式会社での通常のシステムを開発するときの流れは局面を分けて段階的に開発を実施します。各局面で作るものは次の局面の準備ともいえ、作ったものは後の局面で役立つのがこの方法のメリットです。システムの規模や内容によってアジャイルな開発スタイルも行うときがあります。

要件定義

何を目的としてシステム化を行うのかを決めてシステム化する業務、範囲の確定を行います。

外部設計

 システム化の範囲となった業務を対象に画面レイアウトやデータベースの設計を行います。

内部設計

画面レイアウトやデータベースの設計を元にプログラムの構造などを設計します。

製造・テスト

実際にプログラムを開発して、内部設計で行った通りに動作するかテストを行います。

結合テスト

外部設計で作った仕様通りに動くかテストを行います。

システムテスト

要件定義で範囲とした業務が開発されたシステムで運用できるかテストを行い、関連するユーザーへの教育などを行い運用の準備を行います。

運用開始

システムを業務で使いはじめます。

保守

システムは完成したら終わりではありません。使っている中で出る質問や、データの増加によるメンテナンスなどを行います。

運用開始

システムを業務で使いはじめます。

ご依頼の流れ

お問合せ

まずはお問合せ下さい。その際に、現状の課題や、システム化したい理由なども簡単にお聞かせ下さい。

ヒアリング

御社にお伺いをして詳細な要件をヒアリングさせていただきます。目的、機能、希望スケジュールなどをお聞かせ下さい。

ご提案書の提出

システム開発範囲、スケジュール、予算を提出いたします。過不足や不明な点がありましたらご質問下さい。

ご発注とご契約

ご発注書をいただいた後、御社と弊社での業務委託契約を締結いたします。契約内容は業務(請負、委託など)により変動します。

マスタースケジュールの確認

弊社でマスタースケジュールを作成、ご提示します。マスタースケジュールに沿って作業を進行しますので、御社側の業務ご担当者さまの打ち合わせ参加のスケジュール確保などをお願いいたします。

開発開始(要件定義~運用開始まで)

工程に沿って開発作業を実施いたします。各局面ごとに御社、弊社両者の作業項目をWBSとして洗い出します。作業の中で出た課題やTODOは弊社にて一元して管理を行い、漏れがないよう都度進捗を確認しながら進めますのでご協力をお願いいたします。

保守契約とサポート

保守契約を別途締結し、運用面でのご質問や、不具合があった場合の対応をいたします。

お気軽にお問合せ下さい

 まずはお話をお聞かせ下さい。きっとお役に立てることがあります。

お問合せはこちら